さきヨガブログ

ヨガで乱されない体と心つくります。浅草橋、都内でレッスン中

【読書レポ】ありのままの自分を認めることが自信に繋がる。

乱されない体と心づくりのスペシャリスト、ヨガインストラクターの平田紗希です。

今日は本の紹介です!

友人に勧められた心理学の本なんですが、すごくヨガ的だったんです^^

 

読んだのは「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな (PHP文庫)です。

  

f:id:sakitus_yoga:20180201224441j:image

 

 

内容をざっくりとまとめると、

 

自分の自信のなさは他人によって作られたもの。

家族でも友人でも付き合う人を見誤ると自信の形成に大きな影響を与える。

「やさしさ」が甘えにならないよう、自分を理解しているように見えても本当は心が「冷たい人」に気づけるよう、付き合う人をきちんと見極めよう。

心理的挫折を理解できると、心理的自立に繋がる。

 

といったものです。

 

読み終わった印象としては、

親子関係がすごく大きなテーマになっていました。

成人するまでに親はやはり切っても切り離せない関係ですし、一番近くにいる大人です。

心理的自立ができていない親に育てられると、子供にも影響が出てくる場合があるようで、いずれ子育てをするかもしれない身としてはなんだか怖くなりました^^;

また自分にとって付き合うべき人の見分け方はすごく参考になりました。

対人関係を見直すきっかけにもなりましたし、もともと自分にとって大事な人は

アドバイスを参考にすれば、さらにぐっと密度の濃い関係性に変わっていくなと感じました。

 

ヨガ的だなと思った部分は 

 

相手の目的にかなわなくても、自分は相手に受け入れられるのだということを知った時、人間は救われるのである。

 

ヨガは今ここ、今現在持っているものを受け入れるという考え方があるので、

ヨギー、ヨギーニ(ヨガをする人)は懐の深い人がとても多いです。

受け入れるというのは全てを甘やかすというのではなく、

互いに自立した距離感を保って相手を否定せずそのまま付き合うことができるということです。

これは私自身まだまだ課題なので、ヨガの哲学書ぶりにこの内容に触れて気が引き締まりました。笑

 

そして「自信のなさは優しさの渇望からくる」という内容。 

自信のない人は承認欲求が強かったりもしますが、

他人からありのままの自分を認めてもらえた経験があると自信につながっていくと書かれていました。

 

ここは私がヨガに対して感じていること、伝えたいことに

すごくリンクしていました。

 私は以前

自分を抱きしめるためにヨガをすると、自分らしい無理のない人生が送れるという話。 - さきヨガブログ という記事で

人に頼らずとも自分で自分を優しく扱えるようになれば、自信は作れると伝えました。

 

その自信の作り方はいろいろあって、私の場合はヨガでした。

 

自分のことを細かく細かく観察して見つめてあげる。

そこに他者の視線はなく、ただ自分が感じたことに寄り添っていく。

今あるものに目を向ける。今ここ全てに感謝する。

 

 

さらに、自分は唯一いつでもどこでも1番自分のそばに居られる存在です。

だからこそ自分で丁寧に扱ってあげることで優しさの渇望が満たされると思うんです!

 

例えば

夜寝る前の動きを丁寧に、入浴を丁寧に、食事を丁寧に。

それだけで気持ちが落ち着く。安心感に包まれる。

特に夜寝る前の動きを丁寧にすると、そのあとの入眠がすごくスムーズで深く眠れます。

 

あとは言葉遣い。

あなたが外に発するネガティブなワードは自分が一番聞いています。

ネガティブな感情が生まれた時、それを我慢するのはストレスです。

ただ他のことに置き換えられることはできると思います。

カッとしたときは口に出すのではなく息をふーっと吐いて

その感情を空気として外に流してしまう。

読書や音楽、映画に触れて感情移入した感情に

ネガティブな思いを乗せて泣いたり笑ったりして放出する。 

 

疲れた時こそ摂らずに流そう。 - さきヨガブログにも書きましたが

食事や買い物など摂る・プラスすることではなく、流す、出す方法がベターです。

 

こうやって自分が自分の心身状態を気にかけてあげて、親やパーソナルトレーナーのように適切な処置をしてあげること。

それが普段からできるようになれば必要以上に外に乱されることもなくなります。

乱されず満たされている、安定した健康な心身が自信の源につながります。

 

私がヨガを通して得たことに通ずる内容が

心理学の本に載っていて嬉しくなりました。

ヨガは哲学でもあるので、心理への影響はとても大きいんです。

久しぶりにヨーガスートラ(ヨガの哲学本)を読みたくなりました^_^

 

かなり深い内容なので読み進めるのに少し時間はかかりますが、

理解できるとすごく生きやすくなる本でした!

 

「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな (PHP文庫)

 

最近は手に取る本や映画などからヨガ要素をついつい引き出してしまいがちです^^;

先月は本以外に映画を12本見ていたので、またおすすめなものを紹介できればと思います!

 

 

【スケジュール】

いつもお申し込みありがとうございます!1分程度で入力終わります♪
 
いつもお問い合わせいただきありがとうございます!お仕事のご相談からちょっとしたことでもお気軽にどうぞ♪
さきヨガお問い合わせフォーム
 
これまでさきヨガを受けてくれた皆様からの感想を載せています♡


頭痛、生理痛、肩こり、O脚、姿勢…
ヨガでこれだけ治りました!
➡︎ヨガは私の処方箋〜13ヶ所治りました〜 - さきヨガブログ


平田紗希ってどんな人?これまでのヨガの仕事は?
➡︎プロフィール - さきヨガブログ