読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきヨガブログ

ヨガで乱されない体と心つくります。浅草橋、都内でレッスン中

動いて、ねじって、呼吸して冷え撃退!②

こんにちは!

前回から書き始めた冷え症改善シリーズ続編です!


前編は動いて、ねじって、呼吸して冷え撃退!① - さきヨガブログをどうぞ♡


前にも書いたように冷えを改善するコツは、

動く、ねじる、呼吸の3つ!



今日はねじるについてお話しします(*^^*) 

 

ヨガのポーズには体をねじるポーズがいくつかあります。
 
 
例えば、

f:id:sakitus_yoga:20151212165209j:image


f:id:sakitus_yoga:20151212165221j:image



どうしてねじりが冷えに効くのか?
大事なのはねじりをほどくときです!
 
 

体をねじることで、その部分の血流の通りが一時的に通りにくくなります。
意識的に流れを悪くして血を食い止めるイメージですね(^O^)
 
 
 
そしてねじりをほどいたとき!!
食い止められていた血流がぐわっと全身に広がることで体を温めるんです。
まるでダムが放水するかのように!笑
 
 

f:id:sakitus_yoga:20151207184234j:image
 

 
さらに体をねじるときは、腰を中心にねじられますが、背骨には神経が流れていて、腰の骨(第4腰椎)は温度調節をする神経があります。
 
 
ここがゆがむと低体温冷えにつながるので、腰の骨を正しい位置に戻してあげることも重要です。
 
 
もちろんねじってあげることで腰の骨の神経に刺激も与えられます。
体は体温が1度上がるだけで、もともとの代謝がさらに12%も高まるので、ねじってねじって痩せやすい体にすることもできちゃいます☻
  

 
しかもねじりはウエストがくびれる効果もありますよ♡
冷え改善のために体を今からねじっているだけで、夏には引き締まったウエストをゲット!まさに一石二鳥♡笑
 
 

ねじりの効果がこれだけあることがわかっていただけたでしょうか?
 
 
☆血流の動きを活性化する
☆腰骨の温度調節の神経を刺激する
☆ウエストがくびれる
 
 

そして、ねじる時も全身運動と同様に呼吸をしながら動かす方が効果アップします!!


どうして呼吸がかかわってくるのか??
それは次回の記事でお話ししますね(^O^)/


上にあげたねじりのポーズはレッスンでもよく行うので、気になる方は今年ラストのレッスン(12月19日)にぜひいらしてください(*^^*)

14時半から新宿西口スタジオで2000円です☆
お問い合わせはコメント、メッセージください(^O^)



【ヨガを始めて変わったことシリーズバックナンバー】
※ヨガを始めて変わったことのタグがついてるブログ一覧です※