読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきヨガブログ

ヨガで乱されない体と心つくります。浅草橋、都内でレッスン中

焼きリンゴとオイルでお腹すっきり♡

ヨガ ライフ 気づきメモ 便秘 アーユルヴェーダ グルメ

こんにちは!
私が講座を受けている先生のブログにこんな記事がありました^ ^




小さい時から便秘な私…。
昔は1〜2週間でないことが普通でした。
いつもお腹がぽこっと張ってて、すぐお腹痛くなったりしてたなあ(°_°)
ヨガを始めてから代謝が上がって、水分をよくとるようになり最近は悪くても2日でないくらいまでに改善しました♡


ただ朝決まった時間に毎日出る健康な腸内環境にはまだまだ遠い>_<
なので、さっそく先生のレシピを試してみました☻


f:id:sakitus_yoga:20150920120504j:image

リンゴをココナッツオイルで焼いてシナモンをふりかける簡単料理!
熱されることでリンゴの甘みが増してとっても美味しかった♡

しかも!食べているうちにお腹がごろごろ…。
食後に休んでいたらトイレに行きたくなってきて、座った瞬間するっとすっきりできました!笑


インド医学のアーユルヴェーダでいうと人間はピッタ、カパ、ヴァータの3つの性質に分けることができます。
その中でもヴァータが優勢な私。

ピッタは火、カパは水、ヴァータは風の性質を持っています。
f:id:sakitus_yoga:20150920161024j:image
(わかりにくい人はポケモンにたとえてみましょう!笑 私はこれで覚えました。)

ヴァータは風の性質なので、乾(燥)・軽・冷があります。
簡単に言うと、乾燥しやすい、ひょろっとした冷えやすい体型ということ。


冷えは便秘の敵と聞いたことがある人も多いかと思います。
お腹が冷えて、腸が動きにくくなり、便がたまる。


それを踏まえて今回の料理を考えると、
熱されたリンゴ
⇨冷え改善(生だと冷性が増えてヴァータには逆効果)
ココナッツオイルの油分
⇨乾燥改善(するっとお通じ)
何よりリンゴは腸に効果抜群なフルーツ!


冷には熱、乾には油。
原因と対極にある要素がきちんと入ってるんです(^O^)
なんと合理的な料理なんでしょうか♡
即効性もあり美味しくて使っているものも体にGood٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

アーユルヴェーダの「似たものが似たものを増やし、異なるものが異なるものを減らす」法則通りでした^ ^

食べてすぐ効果が出てくれたし、10分くらいで作れちゃうので朝時間のあるときは続けていこうと思います(*^^*)

悩んでる方いたらぜひぜひやってみてください♡

【追記】その後、朝ごはんにこのりんごを食べる習慣を続けています🎶

#あさりんご🍎 のハッシュタグで見られますので気になる方はぜひ!